YouTube規約の変更でYouTubeでは稼げない人が続出!?

 

 

YouTube規約変更について

 

 

YouTube規約変更の主な内容は、2018年2月20日より

過去12ヶ月以内に視聴時間4,000時間

 

 

1,000人の新規視聴者数に達しないと

収益受け取りの対象にはならないという規約を、新たに改正しました。

 

 

YouTube規約が変更になった理由について

規約が変更になった理由は、

 

 

2017年にYouTubeコミュニティ内で起きた

複数の騒動が原因で、YouTubeもこの事実を認めています。

 

 

最も直近の騒動は、ローガン・ポール氏が

青木ヶ原の樹海で遺体が映った動画をYouTubeに投稿し、これが多くの批判を浴びました。

 

 

批判を浴びたYouTube動画に広告が入っていた企業や見る人にも不快を与え、

関係のない人が起こっているムービーを撮って楽しんでいるというのが問題となりました。

 

 

今後、このようなユーチューバーが増えていき、

さらなる過激な動画を投稿することを防止するために

YouTube側がこうした措置を取りました。

 

 

今後YouTube市場に参入する人への影響とは

 

 

以前よりも収益化するにはハードルが高い

 

 

一番気になる部分は規約改正に伴い、今後YouTube市場に参入する人が

YouTubeでお金を稼ぐ事は可能なのでしょうか。

 

 

もちろんYouTube市場に参入して、お金を稼ぐ事は可能ですが、

以前よりもハードルが異常に高くなる事は、間違いありません。

 

 

これまで、YouTubeに趣味程度で動画を投稿している人は良いかも知れませんが、

これからYouTube市場に参入して

 

 

お金を稼ぎたいと思っている人に関しては

過去12ヵ月で4,000時間の再生と

 

 

チャンネル登録者数1,000人という壁が大きく感じてしまう為、

挫折してしまう可能性が非常に高くなってくるからです。

 

 

YouTube規約変更に伴う今後の対策

 

 

このような厳しい条件の中で、

これからYouTube市場に参入して、お金を稼ぎたいと思っている方は

一体どうすれば良いのでしょうか。

 

 

僕が考える、YouTube規約変更に対する今後の対策は

 

 

・1本あたりの動画再生数を長くする

・動画の本数を増やす

・動画を投稿するペースを上げる

 

 

この3点が、非常に重要になってくるのではないでしょうか。

 

 

僕も1日約1動画をYouTubeに動画を投稿するペースで

YouTubeを始めて約2ヶ月から3ヶ月くらいで

チャンネル登録者数が約1,000人を突破しました。

 

 

そして頑張っていかないといけないのが、

1年で動画再生時間4,000時間という規約をクリアしないといけない部分ですね。

 

 

1年間4,000時間を日割りにすると、1日約11時間程になりますから

単純計算で、YouTubeに投稿した動画が2分の内容でしたら

330回再生されないといけないわけです。

 

 

実際には、動画を途中飛ばしたりしながら視聴している人もいるので、

それ以上に動画が多く再生されないといけない計算になります。

 

 

ですから、動画の本数を増やしながら、1本あたりの動画の内容を、

できるだけ長く作るような、工夫をしていかなければなりません。

 

 

毎日コツコツ頑張れば大丈夫

 

 

僕もYouTubeを日々実践していて分かった事ですが

毎日継続して動画を作って、YouTubeに投稿していけば

まずYouTube規約変更に対応する事は出来ます。

 

 

あとは、これからYouTube市場に参入しようとする

あなたが、正しい手順とやり方を身につけながら

日々行動をしていけるかどうかだけです。

 

 

特に、YouTube初心者の方は、どうやったらYouTubeでお金を稼いでいく事が出来るのか

分からなくて当然ですし、かつて僕もそうでしたから

 

 

YouTubeをこれから始めたいという方も

規約変更はありましたが、コツコツと頑張ったいけば大丈夫です。

パソコン初心者だった僕が、YouTubeで毎月10万円以上を稼いでいる方法

 

「これからYouTubeを始めたいけれど本当に稼げれるの」

「どうやったらYouTubeでお金を稼げれるのか知りたい」

 

などと、YouTubeに関する疑問や悩みなどがある方は

お気軽にやまさんまでお問い合わせ下さい。

 

やまさんへのお問い合わせはこちらから