不動産投資は本当に魅力的なのか

 

 

前回は、サラリーマンが副業で不動産投資をやる際の

メリットについて、僕なりの考えをまとめてお伝えしました。

 

 

しかし、不動産投資でお金が稼げて、尚且つ

自由を手にする事が出来るのであれば、皆やっているはずです。

 

 

しかし、ただメリットばかりに目を向けて

浅はかな気持ちで不動産投資を始めてしまっては

 

 

あなたは不動産投資の思わぬ落とし穴にハマってしまい

失敗した時の損失はかなり大きくなり

取り返しのつかない事になりかねません。

 

 

ですから今回は、サラリーマンが副業で

不動産投資を始める際のデメリットについて、お伝えしていきます。

 

 

不動産投資のデメリット

 

 

サラリーマンの方が、副業で不動産投資を始める際に起こりうる

デメリットを、以下のように洗い出してみました。

 

・風評被害

・空室リスク

・建物は古くなる=家賃が年々下がり、新しい物件に移る

・世の中人口が減っているのに、アパートの数が多すぎる

・最初にかかる費用が多い為、元手がかかりすぎる為、支払いが多い=返済出来る保証はない

 

 

僕が思う、不動産投資のデメリットは、このくらいでしょうか。

 

では、僕なりに、1つずつ解説していきますね。

 

 

不動産投資の落とし穴1

 

風評被害のリスク

 

不動産投資を始めた時に、起こりうるリスクの1つは、風評被害です。

 

 

これはどういった事が懸念されるのかというと

もしもあなたが賃貸アパート経営を始めていたとして

 

 

自分が経営しているアパートが、震災で被害にあって

住めないような状況に陥ってしまったりすると

 

 

そのような住めないような状態では

家賃収入は入居者からはもらえないですし

 

 

もしも、まだアパート経営を始めたばかりだとしたら

銀行から借入れた借金のみが残ってしまう恐れがあります。

 

 

アパートでの火災などが起きた場合でも

同様なリスクが考えられますし

 

 

いくら保険をかけていたとしても

その加入していた保険がいざとなった時に

本当にその分を補ってくれるのかは疑問です。

 

 

もしも、あなたが経営しているアパートの一室で

事件や事故が起こった場合は事故物件として扱われ

 

 

そのような物件に入居をする人がいるとは思えませんから

そういった思わぬトラブルにも巻き込まれる可能性は

極めて高いと言えます。

 

 

不動産投資の落とし穴2

 

空室リスク

 

例えば、あなたが投資用で一軒家を購入したとします。

 

その一軒家の物件を、4,000万円で購入したとして

家賃を毎月12万円で貸していたとします。

 

 

そして、時代と共に、やがて住んでいた人が退出し

またその物件に住んでもらう入居者を探さないといけませんが

 

 

もしも入居者が1年経っても2年経っても現れなかった場合は

その期間は無収入となりますよね。

 

 

もしも、その投資用に購入した一軒家のローンを

毎月支払っていたとしたら、赤字になってしまいますよね。

 

 

こうなってきたら、借金だけが残ってしまい

何の為に不動産投資をやっているのかが、分からなくなってきます。

 

 

不動産投資の落とし穴3

 

建物は古くなり、価値が下がっていく

 

賃貸アパート経営では、新築では高い家賃で募集する事が出来ますが

年数が経てば建物も古くなっていきますし

 

 

賃貸アパート経営では、入居者の入れ替わりも激しく

その間にも、自分が経営している賃貸アパートの周辺には

どんどん新しいアパートが建っていきます。

 

 

そして、これからアパート暮らしを始めたいと思う方は

新築で家賃7万円のアパートに住むのか

 

 

築20年のアパートに7万円の家賃を支払うかと言われれば

もちろん新築で7万円のアパートに住みたいはずです。

 

 

こうなってくると、もしもあなたが賃貸アパートを経営していたとしたら

周りに出来た新築7万円のアパートと同じ金額で募集しても

 

 

入居者は新築7万円のアパートの方に入居を決めてしまいますから

それ以上に安い金額で入居者を募集しないと

誰もあなたの賃貸アパートには住まないですよね。

 

 

最初は新築で建てた賃貸アパートでも

時が経てば必ず古くなっていきますから

家賃も値下げせざるおえなくなってきます。

 

 

家賃を値下げをしたら、その分の収益はもちろん減りますが

誰も入居者が居なくて家賃収入が無いよりかは

 

 

家賃を値下げしてでも、入居をしてもらって家賃を払ってくれた方が

空室とならずに家賃収入が入ってくので

家賃を下げざるおえない状況となってしまいます。

 

 

そういった事を考えると、賃貸アパート経営は

始めたては良いかもしれませんが

将来的に見ていくと、なかなか難しい選択を迫られる時期がやってくるでしょう。

 

 

不動産投資の落とし穴4

 

日本の人口に対して、アパートの数が多すぎる

あなたが住んでいる周辺を、良く見てみて下さい。

どんどん、アパートの建設が増えていき、以前と景観が変わってきていませんか?

 

 

僕が住んでいる地域も、昔は田んぼや畑だった所が

久しぶりに通ると、アパートに変わっていたりする事が、最近多いなと感じています。

 

 

しかし、日本の人口はどんどん減っていっているのにも関わらず

アパートの件数はそれに反比例して伸びていっています。

 

 

今こんなのも日本の人口が減ってきているのに

アパートを経営しても、将来的に見て

空室になってしまうリスクは、かなり大きいはずです。

 

 

不動産投資の落とし穴5

 

初期費用が多くかかる

不動産投資は、どんな物件を所有するのかによって

初期費用は変わってきますが、

 

 

やはり人が住む家を購入する訳ですので

不動産投資にかかる初期費用は数百万円から数千万円に

昇るのは間違いないでしょうね。

 

 

サラリーマンであれば、いくら銀行がお金を貸してくれるとしても

銀行から借りた金額を返済していかなければいけません。

 

 

先程から言っているように、日本の人口は年々減少しているのに対して

賃貸アパートの件数は増えてきており

将来的に見て、空室のリスクは高くなってきています。

 

 

不動産投資は、入居者からの家賃収入で

最初に銀行から借入れた金額を返済していき

 

 

その銀行への返済が終わった段階から純利益が発生していきますが

もしも空室になってしまい、誰も住まない期間が続くと

 

その期間は、家賃収入は入ってきませんから

ヘタをしたら、家賃収入よりも

 

 

銀行から借入れた支払いの方が多くなってしまい

本家賃収入で悠々自適に暮らすという、本来の目的から外れてしまい

反対に借金の支払に追われて、大変な被害を受ける事となってしまいます。

 

 

 

YouTubeなら少ない資金でYouTube上に不動産を沢山建てれる

 

不動産投資を最初にやるのなら

僕のようにYouTubeアフィリエイトに取り組んだ方が

 

 

金銭的なリスクは不動産投資に比べたら

比べ物にならないくらい、安く済みます。

 

 

しかも、YouTubeアフィリエイトなら

YouTube上に自分の作成した動画を投稿すれば

 

 

YouTubeの中で、不動産のように資産として残り続けてくれて

自分が寝ていようが、遊びに行こうが、お金を生み出してくれます。

 

 

例え、YouTubeで失敗したとしても、金銭的な被害は

不動産投資に比べると、借金が残ったり

 

 

支払いに追われたりする心配なんてありませんから

サラリーマンが副業として取り組むには、YouTubeアフィリエイトは最適かと思います。

 

僕がYouTube上に、沢山の不動産をどのように建てたのか

 

何か、副業に関する悩み、相談がある方は

お気軽にやまさんまでお問い合わせ下さい。

 

やまさんへのお問い合わせはこちらから