メルカリ無在庫転売は怪しそう

 

前回お伝えした内容は、メルカリ無在庫転売のメリットを

僕がいくつか例を出して、お話させていただきましたよね。

 

 

メルカリ無在庫転売のメリットを聞いたあなたは

 

「メルカリ無在庫転売って魅力的だな~」

 

と思った方も、みえたかもしれません。

 

 

しかし、メルカリ無在庫転売の実態を調べれば調べるうちに

怪しい点がいくつかみえてきちゃったんです。

 

 

ですから、今回はメルカリ無在庫転売に関する危険性や

それに伴うリスクについて、

僕なりの観点からお伝えしていこうと思います。

 

 

メルカリ無在庫転売の一般的な稼ぎ方とは?

 

メルカリ無在庫転売でメジャーな稼ぎ方が、

Amazonの低価格商品をメルカリで販売することです。

 

 

なぜ、Amazonの商品をメルカリで無在庫転売する事が

メジャーな稼ぎ方なんでしょうか?

 

そのメリットは、主に2点あります。

 

 

・商品を注文するだけで、Amazonが配達手配まですべて行ってくれる。

・Amazonのプライム会員になれば送料が無料⇒ムダな経費がかからない

 

 

Amazonの商品を、メルカリで無在庫転売をする際のメリットは

主にはこのようなメリットがあると言われていますね。

 

 

では、アマゾンの商品を、一体どのようにして

メルカリで無在庫転売をしていくのか。

 

 

ここで、簡単ではありますが

一般的なメルカリで、Amazonの商品を

無在庫転売する際の流れを説明していきたいと思います。

 

 

メルカリでAmazonの商品を、どのように無在庫転売するのか

 

例えば、あなたがAmazonに出品してある

可愛いワンピースが、3,000円で売っているのを見つけたとしますよね。

 

 

そのAmazonに出ているワンピースをの画像を

ダウンロードし、スマホに保存したとします。

 

 

そして、そのワンピースの画像を利用し、

あなたはメルカリに5,000円の価格をつけて出品しちゃいました。

 

 

あくまでも、ただAmazonに出ていたワンピースの画像を

スマホに保存をしただけで、そのワンピースは購入していません。

 

 

すなわち、まだそのワンピースをまだ購入していないという事は

無在庫というわけですよね。

 

 

そして、メルカリで、Amazonに出品してある、

3,000円のワンピースが5,000円で売れたとします。

 

 

このAmazonに出品してある3,000円のワンピースが

メルカリで他の誰かが5,000円で購入した時点で

やっとAmazonでワンピースを3,000円で購入するという形になるんですよ。

 

 

そして、メルカリでワンピースを購入してくれた人の

住所や連絡先を、Amazonの購入ページに入力し

Amazonから直接ワンピースを発送させるというやリ方となるんですね。

 

 

このような単純作業での2,000円の利益が発生し

しかもどれが無在庫で稼げちゃうのはデカい!

 

 

普通の転売は、最初にAmazonで商品を仕入れてから、

メルカリに出品して、売れたら発送するというのが転売のやり方ですが、

 

 

このメルカリ無在庫転売の関しては

そういった面倒な作業は一切ありません。

 

 

ですから、正直言っちゃうと、コンビニで時給でアルバイトするよりか

上手くいけば、このメルカリ無在庫転売の方が

短時間でコンビニの時給を越える金額を稼げてしまうワケです。

 

 

何となくですが、このメルカリ無在庫転売のカラクリが

理解していただけたでしょうか?

 

 

メルカリ無在庫転売に隠された罠とは!?

 

ここまでの話の流れを聞くと

 

「メルカリ無在庫転売って、簡単でしかも楽チン」

「メルカリ無在庫転売なら短時間でお小遣いが稼げちゃう」

 

などと、気軽に誰でもすぐにお金が簡単に稼げれると

思ってしまって当然ですよね。

 

 

しかし

実はそこに、隠された罠があったんです。

 

 

リスクその1

 

アカウント停止や強制退会、利益没収になるリスクがある

 

基本的にはメルカリの運営側はメルカリの無在庫転売を禁止しているそうで

メルカリの利用規約には「手元にない商品を販売するのは禁止」と明記されていますね。

 

 

もし、メルカリの無在庫転売をしていることが運営側にバレた時は、

アカウント停止や強制退会といった処置がとられることはもちろんの事、

最悪の場合、利益没収になることもあるみたいですよ。

 

 

リスクその2

 

法律違反じゃないが、警察が絡む問題になり得るリスク

 

法律違反ではありませんが、メルカリ運営側にとっては

迷惑行為であることに違いはないみたいです。

 

 

ですので、メルカリという企業に対し迷惑行為を続ければ、

大きなトラブルに発展することもありますね。

 

 

メルカリ無在庫転売のような販売方法は、

法律上の文言では、他人物売買に当たります。
法律上では、他人物売買は認められてはいますが、

メルカリの利用規約で明確に禁止されていることを

 

 

再三に渡り警告を受けたにも関わらず続けていれば、

業務妨害等に抵触する可能性だって出てきますね。

そうなってくると、メルカリを運営する側も

警察と連携してくるので

かなり厄介な問題となってきます。

 

 

リスクその3

 

偽物を転売してしまうリスク

 

ネット販売で偽物を取り扱って

逮捕される人のニュースは意外と多いみたいですね。

 

 

しかもその中には、転売をしていて、

偽物だと知らずに取り扱っていたという人が、結構な割合でいみたいですよ。

 

 

メルカリ無在庫転売は、先程僕が解説した通り

注文が入ってから通販サイトで商品を用意し

それを購入者に直接送るという方法を取ります。

 

 

ということは、購入した商品のチェックが行えない為、

普通の在庫を抱える転売に比べ、

粗悪品や偽物を販売してしまうリスクが高くなるのは間違いないでしょう。

 

 

仮に偽物を転売してしまった場合、悪意がなかったとしても、

商品を出品してしまった以上は、責任がありますから

 

 

「知らなかった」「偽物だと思わなかった」

 

という言い訳は通用しないんです。

 

 

リスクその4

 

メルカリ無在庫転売というビジネス自体がなくなってしまうリスク

 

これはメルカリ無在庫転売に限ったことではないかもしれませんが

メルカリ無在庫転売に関して、メルカリの運営側が

 

「やってはいけない」と規制をかけているのは間違いありません。

 

 

ですから、今後メルカリ無在庫転売自体が

出来なくなってくる可能性は高いと思われます。

 

 

そうなってくると、これまでメルカリ無在庫転売のみで

お金を稼いでいた人は

お金を稼ぐ術の一つを失ったという事になりますよね。

 

 

メルカリ無在庫転売をやるなら、YouTubeアフィリエイトをやった方が良い

 

メルカリ無在庫転売は、確かに普通の転売が抱える様々な

リスクを払拭する事が出来た、ビジネスモデルかもしれませんが

 

 

しかしその反面で、普通の転売が本来抱えないようなリスクを

抱えてしまうという事は忘れてはなりません。

 

 

メルカリでは、ちょっと前に現金のお札を

「折り紙の鶴」のようにして販売していたのも問題として取り出され

 

 

社会問題まで発展していますから、

国からもかなりマークされているのではないでしょうか。

 

 

「メルカリ無在庫転売はノーリスク」と言っている人もいますが

そこに隠されたリスクを知らずに気軽に行っては

後から取り返しのつかない事態に、発展する恐れがあるんです。

 

 

あなたはそのような危険を犯してまで

メルカリ無在庫転売をやっちゃいますか?

 

 

僕だったら、警察に逮捕されたくないですし

訴えられたくもありませんので、絶対にやりたくないですよ。

 

 

だったら、メルカリ無在庫転売のような

リスクをおかしてまで取り組むのであれば

僕は安全な、YouTubeアフィリエイトをオススメしますね。

 

メルカリ無在庫転売のような、リスクを負わないで稼げる方法

 

もしも、何か質問や相談がある方は

お気軽にやまさんまでお問い合わせ下さい。

 

やまさんへのお問い合わせはこちらから